バイアグラのメカニズム

バイアグラの利用を考えている方の中には、バイアグラを利用することによって所構わず、どこでも男性器が勃起状態となってしまうのではないか?と心配される声もあるのですが、その心配は必要ありません。バイアグラというお薬は、女性との性行為に及ぶ際、性的刺激を受けて男性器が勃起するものであり、このお薬を飲んだからといって常に勃起状態となる事はありません。

バイアグラは、男性器が勃起する際に必要な血液の流れを阻害する成分、PDE5の働きを抑制する効果を利用したお薬です。バイアグラを飲むことによって男性器に血行促進効果が集中発生し、勃起を起こさせるという仕組みになっているので、性的興奮をうけない限り、そうした状態になる事はないのです。

そのため、EDという状態ではない方がバイアグラを安易に利用すると危険です。人によってはバイアグラを、精力剤などと勘違いしていることがあるので、個人輸入などして男性器が正常な状態なのに利用してしまう方がいます。EDの方は、性的興奮があっても男性器に血液が一気に流れ込むという状態が起こらないので勃起しません。バイアグラを利用することで刺激によって血液が流れ込み、興奮が終われば自然に収縮が収まります。

しかし健康な人が利用すると拡張作用が継続してしまうので、勃起が持続してしまいます。陰茎海綿体という内圧が上がったままの状態になるのです。この場合、痛みが発生する、また最悪の場合、男性器に徹底的なダメージを与え、永久的に勃起できない状況になる事もあります。この場合、必ず泌尿器科医の診断を受ける必要があります。